ブライダル業界の離職率が…!何が厳しい?業界の今後とは?

華やかなイメージのあるブライダル業界は、就職率の高い職種です。

 

他の職種よりも採用枠が大きいので、就職先の一つとして検討している方も多いでしょう。

 

しかし、実は離職率も高く、人材確保が難しいとされている職種でもあるのです。

 

なぜ離職率が高いの?

 

ブライダル業界の離職率が高いのは、労働環境が原因だと考えられます。

 

結婚式というのは土日、祝日、大型連休が繁盛期ですから、基本的に休めません。

 

労働時間も長くなりますし、式当日以外でも準備のためにたくさんの仕事をこなします。

 

また、他業種以上に接客にも気を遣うため、常に緊張感を持って仕事をしなくてはいけません。

 

こういった肉体的、精神的負担が離職の要因になり、就職から3年以内に離職する率が非常に高いのですね。

 

他の要因としては、華やかなイメージが先行してしまい、実際の地道な業務に嫌気がさしてしまったということもあるようです。

 

業界の今後はどうなる?

 

残念ながら、結婚式場で挙式を挙げるカップルはここ数年右肩下がりとなっています。

 

そのためブライダルフェアや挙式体験など、あらゆる工夫をしている結婚式場が増えているのですね。

 

ただし、挙式率が下がっているとしても、ブライダル業界が低迷しているわけではありません。

 

結婚式場はただ式を挙げる場所というだけではなく、ブライダルエステやブライダルフォトなどを取り入れています。

 

ブライダルに関係する枝葉を広げることで、今までよりも気軽に利用できる環境作りを始めています。

 

そもそも、結婚式の需要がなくなることはありませんから、新業態を始めることで利用者の増加が見込めます。

 

結婚式だけの業務以外にも仕事の幅が出れば、単一職種による負担も減るので離職率も下がっていくかもしれません。

 

離職率が高いと聞くと、ブライダル業界はブラックと言うイメージを持つ方もいるでしょう。

 

ですが、企業は離職率を下げるためにあらゆる努力をします。

 

逆に言えば、これからどんどん働きやすくなっていく可能性が高いので、離職率ではなく待遇や仕事内容で判断してくださいね。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?