脱毛の間隔を空けすぎた場合、どんな問題があるのか?

人気の高い脱毛サロンだと、数ヵ月先の予約でも埋まっていることがあります。そのためスケジュールを確認してから予約をしようとすると、希望日に取れないことも少なくありません。また予約日に生理や体調不良などで脱毛の間隔が空きすぎることもありますが、どのような問題があるのでしょうか。

 

脱毛のペースが狂うと効果が出にくくなる

 

脱毛サロンで主流となっている光脱毛は、原則として毛周期に合わせて施術を行います。その理由は、照射する光は成長期のムダ毛にしか効果がないからです。ムダ毛は表面に生えているものだけがすべてではなく、肌の内部にはこれから成長しようと準備しているムダ毛があります。

 

毛には毛周期があり、表面に生えているのは成長期のムダ毛です。成長期が終わると、毛乳頭細胞の分裂が弱まる退行期になって抜け落ち、毛根組織は次に生えるための準備を始める休止期に入ります。

 

この3つのサイクルを繰り返しながら、ムダ毛は生え変わっているのです。光脱毛やレーザー脱毛では、ムダ毛の黒い色に光を反応させて熱エネルギーを発生させます。この熱が毛根組織にダメージを与えることで発毛を防ぎます。

 

つまり休止期でメラニン色素が作られていない状態のムダ毛には効果がないので、成長期に合わせて施術を行うのです。毛周期は部位ごとに異なりますが、平均すると2ヶ月から3ヶ月と言われています。そのため、間隔が空きすぎると効果が出にくくなる可能性があるのです。

 

今までの施術が無駄になる?

 

脱毛のペースが乱れて間隔が空きすぎると、それまで受けた施術の効果がなくなってしまうと思う方もいるでしょう。ですが、毛根組織が受けたダメージが完全に回復することはありません。

 

もしダメージを受けた毛根組織が回復するのであれば、永久脱毛が出来る施術方法はないということになります。ですので、例え間隔が空きすぎても効果はなくなりませんから安心してください。

 

逆に間隔が空いたから通うのを止める、という方が問題です。止めてしまったら、それまでの脱毛効果が消えない分、脱毛していない部分はムダ毛が目立つので間隔が空いても通いきりましょう。

 

脱毛は早く終わらせなくてはいけないものではありません。間隔が空いてもきちんと通えば効果は得られるので、しっかり続けるのが正解です。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?