紫外線に注意しよう!日焼しているとなぜ脱毛はできないのか?

脱毛に通い始めたら、日焼けをしないように紫外線に注意しなくてはいけません。紫外線に関してはカウンセリングでも浴びないように指導を受けます。一見、ムダ毛にはまったく関係なさそうな紫外線ですが、日焼けをするとなぜ脱毛ができないのでしょうか。

 

脱毛のメカニズム

 

日焼けで脱毛ができない理由を知る前に、まずは脱毛のメカニズムを理解しておかなくてはいけません。脱毛にはいろいろな施術方法がありますが、現在主流になっているのはフラッシュ脱毛やIPL脱毛などの光脱毛です。

 

光脱毛で照射する波長は、ムダ毛の黒い色、つまりメラニン色素に反応する性質があります。そのため、白い肌には反応せずムダ毛にだけ吸収されるので、肌にダメージを与えることはありません。

 

ムダ毛に吸収された光は熱エネルギーに変性し、毛根組織にダメージを与え、発毛機能を低下させます。発毛機能が低下すればムダ毛は成長しませんし、ダメージが蓄積して機能が失われれば生えてこなくなります。これが脱毛のメカニズムとなります。

 

日焼けで脱毛ができない理由

 

日焼けというのは、紫外線が肌に吸収されることで発生する症状です。紫外線は肌細胞にダメージを与えるので、体はそのダメージから肌を守るためにメラニン色素を生成します。メラニン色素は紫外線を吸収する黒い色をしている色素細胞です。

 

ですので、吸収された紫外線はメラニン色素を攻撃するため、肌細胞へのダメージを防げるのです。ただし、脱毛で使用する光もメラニン色素に吸収されて熱を発生させます。この光はムダ毛のメラニン色素だけに反応するというものではなく、メラニン色素であればどの部位にも反応します。

 

つまり日焼けをして肌の内部にメラニン色素が生成されていれば、そこにも吸収されて熱ダメージを与えるのです。肌に強い熱が発生するとやけどや炎症などのトラブルが起こってしまいます。そのため、日焼けをしていると脱毛の施術は受けられないのです。

 

ただし、日焼けが治まれば脱毛することは可能です。それでも肌トラブルのリスクが高くなってしまうので、脱毛期間中は紫外線に注意しなくてはいけません。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?