ムダ毛の自己処理でありがちな失敗談

昔は脱毛サロンやクリニックなどは高額だったため、自分でムダ毛を処理するのが一般的でした。そのため、自己処理のせいで肌の老化が進んだり、トラブルが起こったりする失敗が絶えませんでした。ですが脱毛サロンなどの敷居が低くなった今でも、ムダ毛の自己処理で失敗している人は少なくないようです。

 

肌に赤いブツブツができる

 

ムダ毛の自己処理でもっとも多い失敗は肌トラブルが起こることですが、その中でもありがちなのが赤いブツブツが出来てしまうことです。このトラブルは、カミソリでも毛抜きでも発症するリスクがあります。カミソリでムダ毛を剃っても、見た目的には肌はそれほど傷ついていません。

 

しかし、毛が切れているのですから、それより弱い肌は大きなダメージを受けています。カミソリを使うと、肌のバリア機能となる角質層を剥がしてしまうため炎症が起こるのです。

 

また、毛抜きは無理やりムダ毛を引き抜きます。成長期のムダ毛は毛包と繋がっていますから、それを引き抜くと当然ダメージを与えます。さらに毛根部分は毛穴よりも大きいので、毛穴にもダメージを与えることで炎症が起こり、赤いブツブツが出来てしまうのです。

 

処理が完全にできていない

 

面倒くさがりだったり目が悪い人は、処理をし忘れるという失敗が起こりがちです。ムダ毛はすべて同じ太さや濃さではありません。太くて目立つものもあれば、細く弱々しいムダ毛もあります。毛質によって処理のしやすさには違いがあり、特に細いムダ毛は切れにくく抜けにくい性質があります。

 

ですので、カミソリで全体を剃っているつもりでも、処理しきれていないムダ毛が残ってしまいます。目が悪いと細い毛を見逃してしまい、処理をし忘れてしまうことがあります。また、ふくらはぎや背中などは処理しづらいので、まばらな処理状態になるという失敗も多いようです。

 

どちらの失敗談も、ムダ毛が普通に生えている状態より恥ずかしいかもしれません。確かに自己処理は手軽で好きな時にできます。しかし処理しても恥ずかしい思いをするのであれば意味がないので、脱毛サロンなどプロの手に頼るのが一番です。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?