医療脱毛と脱毛サロンの完了までの期間の違い

脱毛を始めたら、1日でも早く完了させたいというのが一般的です。医療脱毛と脱毛サロンでは、使用する脱毛器や料金などいろいろな違いがありますが、完了までの期間も違います。同じメカニズムで脱毛するのになぜ違いがあるのか、どのくらい違うのかを知って、脱毛選びの参考にしてください。

 

完了までの期間に違いがある理由

 

医療脱毛では医療レーザー脱毛器、脱毛サロンでは光脱毛で施術を行うのが主流です。これらの機器は、毛根組織を熱で破壊してムダ毛の再生を防ぐことで脱毛を行います。この脱毛の仕組みは医療脱毛も脱毛サロンも同じなのですが、照射する光の出力レベルが異なります。

 

医療脱毛で使うレーザーは出力レベルが高く、脱毛サロンの光脱毛はレーザーよりも弱い出力レベルしか出せません。出力レベルが高ければ、その分熱エネルギーも大きくなります。

 

高熱を与えれば毛根組織の機能も破壊されやすくなりますから、医療脱毛の方が破壊力も強いのです。つまり出力レベルによって1回の施術で破壊力に差が出るため、医療脱毛と脱毛サロンでは完了までの期間が異なるのです。

 

期間にはどのくらいの差があるの?

 

期間に差があるといっても、そこまで大きな違いはないだろうと思うかもしれません。しかし、回数を比較してみると、医療脱毛は脱毛サロンの半数ぐらいで完了すると言われています。施術の頻度は、どちらも2ヶ月から3ヶ月に1度ですから、単純に計算しても医療脱毛は半分の期間で完了するということです。

 

これだけの差があるので、短期間での脱毛を希望する場合は医療脱毛を受けるのがベストと言えるでしょう。ですが、脱毛完了までの期間は毛質や毛量、求める効果によっても変わります。ムダ毛が細く色素が薄かったり、毛量が多ければ施術を行う回数も増えます。

 

完全に自己処理が必要なくなる効果を求める方もいれば、毛量を減らすだけで十分という方もいるでしょう。つまり、一概に医療脱毛の方が早いとも言えないので、無料カウンセリングでチェックをしてもらってから決めるのが正解です。

 

最近はバルジ式脱毛など、毛周期に関係なく施術ができる脱毛法も開発されています。ですので、脱毛期間は脱毛方法によっても違ってくることも覚えておきましょう。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?