顔脱毛で最も需要が多いパーツと痛みを感じやすいパーツは?

脱毛をする上で痛みはとても気になるものですね。

 

特に顔はデリケートで皮膚も薄いので、脱毛したい部位があっても痛みが怖いという方も多のではないでしょうか。

 

それでも綺麗になるために顔脱毛をしたいという方は、需要のあるパーツや痛みを感じやすいパーツをチェックしておきましょう。

 

需要が多いパーツは?

 

顔脱毛の中でももっとも需要が多いのは鼻下です。

 

鼻下は男性のヒゲとは違うものの、女性でもヒゲが生えていることが多いので、納得という方もいるでしょう。

 

自己処理の頻度も高いため、鼻下部分のむだ毛は濃くなりやすいです。

 

そのため、顔脱毛で処理をしておこうということで需要も高くなるようです。

 

次に需要が多いのは口周りです。

 

このパーツも鼻下と同じくヒゲのようにむだ毛が生えやすいです。

 

口周りも鼻下も同じパーツと思うかもしれませんが、顔脱毛ではしっかりわけられていて、この2パーツが最も需要があります。

 

痛みを感じやすいパーツは?

 

結論から言ってしまうと、顔のパーツはどこも痛みを感じやすいです。

 

顔の皮膚はとても薄いため、熱が発生するとダイレクトに刺激を受けてしまいます。

 

中でも、特に痛みが強いのは以下の4つになります。

 

  • 鼻下
  • 口周り
  • 眉間
  • 頬・フェイスライン

 

この中で注目したいのは、需要が多いパーツにも入っていた鼻下と口周りですね。

 

鼻下や口周りは口と接しているため、他のパーツと比べると単体の柔軟性が少ないことから余計に痛みを感じやすいようです。

 

特に口角の上の部分は痛みが強く、施術が継続できいない人もいるのが実情です。

 

同じように柔軟性が少ないのはおでこがあります。

 

ただおでこの場合、脂肪層が薄いだけで皮の部分は厚みがあるので、人にもよりますが総体的に痛みはそれほどでもないと言われています。

 

顔脱毛をしたいと思っても、自分が規模する部位が痛みを感じやすい場合は、自己処理でいいやと思うかもしれません。

 

ですが、痛みを感じやすいということはそれだけダメージを受けやすいことになります。

 

自己処理を続けるとさらに濃くなる可能性もあるので、気になる方ほど顔脱毛をしておいた方が良いでしょう。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?