痛みが気になる人のための家庭用脱毛器選びについて

家庭用脱毛器が一台あれば、お店に通う手間もなく予約を気にしなくても、いつでも好きな時に脱毛できます。ですが肌が弱かったり痛みを感じやすい人だと、本当に自分で脱毛できるのか心配かもしれませんね。ここでは痛みが気になる人のための家庭用脱毛器選びについてご説明します。

 

家庭用脱毛器の種類を知ろう

 

家庭用脱毛器は、大きく分けるとレーザー脱毛器と光脱毛器、サーミコン脱毛器の3種類があります。レーザー脱毛器の脱毛の仕組みは、レーザーをムダ毛に照射して毛根にダメージを与えます。

 

光脱毛器は、光をメラニン色素に吸収させて熱を作り、その熱で毛根にダメージを与えます。毛根はムダ毛を生成する組織なので、ダメージを与えて機能を低下させることで脱毛を行います。

 

サーミコン脱毛器は厳密に言うと脱毛ではなく除毛です。毛の根元部分を熱線で焼き切っていくタイプの脱毛器なので、肌への負担を軽減しながらムダ毛を処理できます。

 

痛くない家庭用脱毛器は?

 

家庭用脱毛器の種類で、痛みがまったくないと言えるのはサーミコン脱毛器です。熱でムダ毛を焼き切るというと痛そうなイメージがあるかもしれませんね。ですが、熱線は肌に触れないように設計されていますし、ムダ毛も一瞬で切れるので痛みはまったくないのです。

 

光脱毛とレーザー脱毛はどちらが痛い?

 

サーミコン脱毛器は本当の意味での脱毛効果はありません。ですので脱毛できる家庭用脱毛器で痛みが少ない機種となると光脱毛器に軍配が上がります。光脱毛器はレーザー脱毛器より出力レベルが低いです。出力レベルが低ければ、発生する熱量も少なくなるのでその分痛みも軽減されます。

 

ただし熱量が少ないということは毛根組織に与えるダメージも少なくなるため、脱毛効果が低くなってしまいます。逆に痛みがあっても熱量が多ければ脱毛効果が高くなります。痛みだけにフォーカスして選んでしまうと、肝心の脱毛効果に差が出てくるので、その点もしっかり踏まえて選びましょう。

 

脱毛サロンであれば、トライアルで痛みの度合いをチェックできますが、家庭用脱毛器ではそれができません。ですが返金保証があれば、実際に使ってみて痛みに我慢できなければ返品できるので、こういった保証がある家庭用脱毛器を選ぶといいですね。レーザー脱毛器も家庭用であれば、脱毛サロンで使われる脱毛器よりもパワーが弱く設定されています。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?