生理中の脱毛は受けられないの?予約日に生理が来たらどうする?

脱毛は、人気店ほど予約が取りづらいものです。ですが成長期のタイミングに合わせて施術を行うのが理想なので、予約が取れるようにスケジュールを頑張ってやりくりする方も多いでしょう。そこまで頑張って予約を取ったのに、生理が来てしまったらどうすればよいのでしょうか。

 

生理中は脱毛できない?

 

脱毛する部位にもよりますが、生理中だからといって施術が絶対受けられないということはありません。VIO脱毛の場合は、経血が付いてしまう可能性があるので断られます。

 

しかし、ワキや手足などデリケートゾーンに関係のない部位の脱毛であれば、予約をキャンセルする必要はないでしょう。ですがお店によっては、生理中は施術しない方が良いというところもあります。

 

その理由は、生理中だと脱毛効果が低くなる可能性があるからです。生理中にはプロゲステロンの分泌量が増加します。この女性ホルモンは、肌を刺激から守る機能を低下させたり、皮脂を過剰分泌させる働きがあります。

 

そのため生理中に刺激となる脱毛を行うと、肌トラブルのリスクが高くなったり、脱毛効果が出にくくなったりするのです。

 

予約日に生理が来たらどうすればよい?

 

予約をキャンセルするのは残念ですが、生理が来たら事情を話して予約を変更するのがベストです。無理に脱毛をしても、効果がないのであれば時間がもったいないですね。ここで気になるのが、キャンセルによるペナルティーです。

 

キャンセルをすることで料金が発生したり、施術回数が1回消化となるのであれば、施術を受けておいた方が良いとも言えます。ただし、前日までに連絡をすれば無料になるところが多いので、契約の時にしっかり確認しておきましょう。

 

VIO脱毛の場合は、何をしても施術は受けられませんから、できるだけ早めに連絡をして予約変更をするのがベストです。

 

生理中は肌が敏感になるので、ほとんどの脱毛サロンや脱毛クリニックでは予約キャンセルを推奨しています。このような事態にならないためにも、できる限り正確に生理日を特定して、予約でかぶらないようにすることが大切なのですね。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?