背中に大きなほくろがあるけど、脱毛は可能?

脱毛サロンの施術は誰でも受けられるわけではありません。

 

肌の状態によっては施術を断られてしまうこともありますし、一部位だけ施術できないこともあります。

 

では、背中に大きなほくろがある場合、脱毛は可能なのでしょうか。

 

ほくろがあっても脱毛できる?

 

現在、脱毛サロンの施術の主流となっているのは光脱毛です。

 

この施術ではメラニン色素に反応する波長を脱毛部位に照射して、熱エネルギーを作り出します。

 

むだ毛のメラニン色素に反応して作られた熱は、むだ毛を伝わって毛根組織にダメージを与えます。

 

毛根組織はむだ毛の根っこになりますから、ダメージを与えられることで発毛機能が低下し、脱毛効果が得られるのですね。

 

ほくろは大量のメラニン色素が集まった状態ですから、普通に考えれば施術はできません。

 

しかし、ほくろを隠せば光を照射してもやけどすることはないので、基本的にほくろのせいで脱毛できないということはないでしょう。

 

ほくろがあった場合の対処法

 

ほくろがある方に対して、脱毛ができるかできないかは脱毛サロンによって対応が違います。

 

と言っても、ほとんどの脱毛サロンではほくろを対処することで施術を行っています。

 

  • 絆創膏などテープでほくろを隠す
  • ほくろに光を照射しないように避けて施術を行う
  • ほくろから離れたところだけ脱毛をする

 

このような対処法によって施術が受けられます。ただしどこの脱毛サロンでも、光脱毛を行っている場合はほくろに直接光を照射することはできません。

 

ですのでほくろやほくろの周りの脱毛は難しいかもしれません。

 

ほくろに施術をするとどうなる?

 

万が一ほくろに光を照射してしまった場合、大きな熱量が発生します。そのため、炎症が起きたりひどい場合はやけどをしてしまいます。

 

こういったリスクがあるので、脱毛サロンではほくろから離れた位置、もしくはほくろにテープを貼っての施術となるのですね。

 

ただし、最近は肌の状態に関係なく脱毛ができる施術法も開発されています。こういった脱毛法であれば、ほくろがあっても問題なく施術が受けられます。

 

またほくろ部分のトラブルのリスクもないので、光脱毛以外の施術を行っている脱毛サロンを探してみましょう。

【注意】ブライダル脱毛で騙されるな!現場で起こる悲劇とは?